集客と求人の違いと類似

こんにちは!美容室求人・集客に強いウェブランディングの西野です♪   

 

“集客”と“求人”

サロンではこの2つが大切ですよね。

お客様が来ないとお店は成り立たないし

スタッフがいないとお店が回らない。

よくあるお悩みの1つでもあります。

 

この2つ、違うものですがよく考えると似ていませんか?

実は“人を集める”という点では同じなんです。

しかし、集客はできているのに求人のほうは成果が出ない

または求人は問題ないけど集客できていない、など

片方出来ていて片方出来てないというのが多いんです。

 

ちなみに

集客は出来ていても求人は成果が出ていないという方が多いようです。

集客よりも求人って、会社を経営している人の悩みなんですよね。

人を集めるというのは同じなのに

なぜ求人の方が成果が出にくいのでしょう?

答えは意外と簡単かもしれません。

 

労働時間を買う?

集客の場合来て下さるお客様からお金を頂きますよね。

サービスや商品を提供してその分お金を頂くんです。

求人の場合は別です。

労働してもらった時間分またはその労力に応じて給料を渡します。

つまり経営者からすると労働時間をお金で買うわけです。

このことから似ているということが分かりませんか?

そう!お金をもらうか渡すかは違うけれど

どちらもお店を選んでもらうことが大切なんです!

 

集客の対象はお客様。

求人の対象は労働者。(学生含め)

 

選んでもらうには

集客と求人はどちらも

選んでもらうことが大切ということは分かりましたよね。

ではどうやったら選んでもらえるか?

相手の考えや行動を理解することです。

 

例えば、通販や某ネット予約システムで多く導入されている口コミ。

どうして他人の意見が書いてある口コミが載っているか分かりますか?

そう。そのお店や物の感想を見たいと思う人がいるからですよね!

さらに、その口コミがよければより人が集まるお店になるし

通販であれえばより多くの商品が購入されると思います。

お店側からしてもお客様側からしてもメリットがありますね!

あのお店(飲食店やサロン)に行く前に、あの商品を買う前に

行ったことのある、買ったことのある人の意見が聞きたい!

はたまた

お店に来るのを、商品を買うのを迷っている人のために

行ってよかった、買ってよかったという人の意見が欲しい!

という思いから導入されています。

 

そう考えると

口コミって相手のことをよく考えてつくってあるなぁと思いませんか?

あの日本最大級の予約サイトや

飲食店の感想や写真の見れる有名なサイトでは

絶対に口コミが見れますよね。

むしろそれがメインというか・・・。

お客様の望むことを考えていたから

これらのサイトは日本最大級のサイトになったんです。

言い換えるとお客様や企業に選ばれて

有名なサイトになったということです。

口コミだけではなく例えば、ネット予約ができる!なども

24時間好きな時に予約ができ、

忙しい!というかたもすきま時間に予約ができるのでとっても便利です。

これも仕事が遅く中々電話する時間がない!

という人や

電話が緊張するから苦手というお客様目線で考えてあります。

逆にお店側目線で考えても電話を受ける時間が減ることによって

他の仕事に時間を費やすことができるようになるわけですから

本当によく考えてありますよね!

 

長々と説明しましたが、何が言いたいかというと

これらの多くの人々から選ばれてきた物達は

相手の考えや行動を理解しそれを形にしたもの

をうりにしているんです。

 

集客と求人に当てはめると

これらを踏まえて集客と求人に当てはめてみましょう。

集客の場合、対象はお客様ですので

お客様目線で考えてみましょう。

お客様が他社と比べていることは

・どんなサービスがあるのか

・自分にあっているのか

・どんな人が対応してくれるのか

などなどたくさんありそうですね。

 

では求人の場合はどうでしょう?

求人の場合、対象は労働者ですね。

・どんな仕事内容なのか

・人間関係は

・給料や労働時間について

などなど少し考えただけでもたくさんありそうです。

 

これを相手に分かりやすく伝えることで

成果につながっていきます。

最初にお話ししましたが

集客は出来ていても求人は成果が出ていないという方が多い

というのは

この相手側目線で考えたことを上手に発信できていない場合が多いです。

 

たとえばお客様目線で考えたときにでたものって

ホームページに載せていたり

予約サイトなどでメニューの説明を載せていたりして

もうすでに発信していませんか?

そう、集客に関してはすでに出来ていることが多いんです。

もちろんするだけで満足していては結果につながりませんが

意外と発信できているんです。

 

逆に労働者目線で考えていたことって

中々発信できていないのではないでしょうか?

もちろんハローワークや求人票に載せている!

と思った方もいると思いますが

求人票に載っていることって詳しくは書かれていないですよね?

ましてや人間関係についてなんて求人票には載っていないはずです!

さらにいうと今はネット社会、

もちろんハローワークや求人票を見ている方も多いと思いますが

ネットで探す方も多いです。

 

学生の方を例に出すと

行きたい大学や専門学校をネットで調べて

さらに詳しく知りたい場合は資料請求して・・・

ということも少なくありません。

求人が集客よりも難しいと思われているのは

うまく発信できていないから。

求人票に載せているだけでは

上手く伝えられていない、

さらに相手からすると知りたい情報が載っていない場合が多いです。

 

求人で大切なこと

このように視点を変えてみると

相手の望むことや、

やるべきことが見えてきませんか?

 

私がオススメするのは

採用ページ(仕事内容や人間関係、給与関係のことなど)をつくって

ホームページやSNSに載せる。

求人用パンフレットをつくる、です。

 

求人票にくらべて詳しく書けるし

イラストや図なども載せられますよね!

スタッフのコメントなども載せれば

親近感もあるし、より分かりやすいかと思います。

 

募集している人材像に近い人に聞く

採用ページを作るうえで大切なのは

見る側に響くかどうかです。

 

そう考えると経営者が考えるのって少し難しいと思いませんか?

この場合、一番相手側に近い人に聞いてみるのがいいと思います。

相手側に近い人というのはスタッフやお客様です。

 

例えば、お客様から見たお店の印象を聞いてみる

スタッフにお店での仕事内容や人間関係、

仕事に対しての思いやなぜうちに入社しようと思ったのか、などなど。

こういった詳しいことを聞いてみると分かりやすいと思います。

 

 

自分で作るのは難しい?

やることは分かったけど、実際自分たちだけでは

採用ページの作り方がわからない!

文章だけではなくイラストや図などもいれて

ちゃんとしたページを作りたい!

という場合、自分だけで作るのって時間もかかるし

難しいですよね。

 

そんな方々のために、

当社ではホームページ作成や求人専用ページ

求人パンフレットの作成をさせていただきます。

当社では新卒、中途採用者100人以上に

ホームページのどこを見たか?

サロン見学や、就職したいという決めてになった事はあったか?

などのヒアリングをしており、

そこを導線したデザインや内容を組み込んでいるので

充実したページになること間違いなしです!

すでに当社の採用システムで求人成功した方々も多く

大変ご好評いただいております。

 

 

まとめ

いかがでしたか?

集客よりも求人の方が成果がでづらいのは上手く発信できていないから

ということが分かりましたね。

まず何から手を付けていいのか分からない

求人冊子を作りたい!

などなどご相談もお受けしております。

迷われている方、ご興味のある方ぜひ一度ご連絡下さい!

\ 友達追加ボタンをTAP!お気軽にご連絡ください♪ /

今ならLINEお友達登録で「 採用力を上げる11の質問PDF 」をプレゼント中です♪

 

——————————————————————————–

 

WeBranding = We(私達と) + Branding(ブランド作りをしましょう)

株式会社ウェブランディング
〒460-0003
名古屋市中区錦1-4-16 KDX名古屋日銀前ビル6F
TEL 052-212-0852 FAX 052-212-0882

 

・サロンWEB事業
http://uresalo-web.com

・求人採用 会社案内制作事業
https://uresalo-kaisya.

・西野ゆりかInstagram
https://www.instagram.com/wbranding_nishino

・西野ゆりかFacebook
https://www.facebook.com/profile.php?id=100041350840711